外見を美しくするだけが目的ではない

作業員

一般的に住宅が新築されてから10年ほどが経過すると、外壁の汚れや劣化が目立つようになります。どのような素材で作られていたとしても、タイミングの違いがあるものの、必ず塗り替えは必要となります。大阪で外壁塗装を行う場合、その目的が見た目をきれいにするためだと思う人は多いものです。しかし美観を保つことだけが目的であるわけではなく、本来の目的は建物を保護することと言えるでしょう。建物は日々紫外線や風雨の影響をもろに浴びていることから、建物の塗膜は劣化を続けることになります。この塗膜を塗り替えることにより防水機能を高め、寿命を延ばす必要があるということです。塗り替えをすることなく放置していれば、雨漏りを引き起こすまでに中の柱を腐らせてしまう可能性も考えられます。人間にいいかえるとわかりますが、夏には紫外線が強いので日焼け止めクリームを塗る人が多く見られます。塗らなければ日焼けをしたりシミができたりと様々な肌トラブルを引き起こすことになるでしょう。これと同じように建物も外壁塗装を行い保護することが大切です。

どれぐらいの費用がかかるのかを理解しよう

一軒家

大阪で外壁塗装を行う場合の費用相場としては、日本で一番多くみられる30坪の戸建て住宅を例に挙げた場合、中心価格帯が80万円から120万円で、一番多いのが100万円台となっています。しかしこれは外壁塗装の最適なタイミングで行った場合の例であり、築年数によっても費用には大きな差がみられることが分かっています。一般的に塗り替えを行うのに適したタイミングは10年前後とされています。すべての一戸建て住宅に外壁塗装は絶対に必要であり、15年以上が経過しながらも自分の家は大丈夫だといつまでも放置していた場合には、建物の劣化がどんどん進んでいきます。放置を続けることで外壁の損傷が進み、場合によっては下地の補修や外壁の張り替えまでが必要となるでしょう。ここまで来ると最終的には相場よりも50万円から100万円もの費用が加わる可能性もあります。

広告募集中